シニア犬の勧め

スクリーンショット 2016-08-15 01

今日は新潟市西蒲区の角田山の麓にあるアニマルフレンズさん
https://animalfriends.jp
にボランティアに行ってきました。

先日、入会させていただいた新潟動物ネットワーク
http://ndn2001.com
の先輩に誘っていただき、生まれて始めての動物のお世話というボランティアでした。

30匹以上の犬と130匹の猫、あとはうさぎや大きな陸亀などもレスキューされている大きな施設でした。

スクリーンショット 2016-08-15 01

まず、犬さんたちの散歩。
たぶん写真の子だと思うのですが、『クロ』ちゃんと呼ばれていた子と第1回家目のお散歩。

2回目の散歩は『ゴロン』君(だったと思う)

3回目は、ラッキーとクッキーという夫婦犬を二人で散歩。
この子たちは、いつもペアで散歩らしい。
少々うらやましくも感じたりして・・

運動不足、足腰を鍛えたい方には、このボランティア、とってもお勧めですよ!!

昼食をはさんで、午後からは猫部屋のトイレ替えとおそうじ。
たぶん70〜80匹分のウンチとおしっこを集めて、床掃きと床拭き。

いや〜、スタッフさんの大変さが半日で身にしみました。

世の中には色々な仕事がありますが、ここのお仕事はお金のためだけと思ったら、たぶん、できないのではないかと・・

犬猫の好き嫌いはあるでしょうが、世の中から、犬も猫もいなくなったしたら、それはきっと、とっても寂しい風景なのではないでしょうか!?

で、写真のクロちゃんと散歩していて、すごい発見がありました。

このクロちゃん、福島からの被災犬で、もうずいぶんとご老犬。
そうですよね。あれから、少なくとも5年は立ってるんですから・・

もともと性格の良い子だった上に、お年が重なり、リードをグイグイと引っ張ることもなく、とても歩きやすい早さで歩いてくれる。

で、暑かったせいもあるのか、帰りはお疲れモードで、だから、長い距離を散歩しなくてもいい。

この年齢になると、新しいペットを飼うことを考えてしまうのですが、シニア犬ならば子犬くらいの長生きもしない。

そんなこんなで、私のようにそれなりの年齢になった方にも、リードをグイグイと引っ張られて困る子どもたちにも、シニア犬はもう絶対お勧めです!!

スクリーンショット 2016-08-15 01
※写真は全て、アニマルフレンズさんよりお借りしました。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

a:676 t:1 y:0



子ども支援に関わる方へ

15年間、保健室で実際に行ってみて、一番子どもたちの困っていることの役に立った支援方法(家族療法、システムズアプローチ)です。その方法の全てをご紹介します。
先生はじめ支援者の想いが、子どもが元気になるに繋がることを切に願っております。

『不登校を長期化させない8つの方法』
〜明日から使えるノウハウ公開 不登校20人以上が、全員、再登校できた方法とは?〜

※不登校となっておりますが、不登校だけでなく、集団不適応、いじめなど、様々な子どもの困難への支援方法です。

不登校の支援方法講座こちらから

不登校ひきこもりの相談

保健室の先生(養護教諭)として、30年以上、保健室勤務をしてきました。
お母さんが元気になれば、子どもたちも元気になる
これは、その中で得た私の確信です。
お子さんが来れなくても全くかまいません。
一度、ご相談ください。
お母さんの保健室がここにあります。ドアはいつでも開いています。どうぞ、気楽に来てみてください。
不登校ひきこもりの相談こちらから

コメント


認証コード7648

コメントは管理者の承認後に表示されます。