「ありがとう」

画像の説明

昨日は、新潟家族療法研究会の研修へ行ってきました。
(新潟家族療法研究会とは、南浜病院の後藤雅博医院長先生を中心とする家族療法についての自主研修の会です)

事例検討でした。

一見、とても大きな困難を抱えている家族でした。

グループで、これからの支援について話し合いをしたのですが、その前に後藤先生が言われたのが、

「この家族の強みはなんでしょう?」

ということでした。

困難が大きすぎると、その困難ばかりに目が奪われてしまいますが、

どんな家族でも、必ずよい所は見つけられるし、それが強みとなっています。

私たち支援者は、それが見つけられるかどうかが支援者の資質となってきます。

本当はこんなに強みをもっているのに、それに気付かないだけなのです。

そこに目がいくようにしてくのが、支援者の仕事。

この家族は、大きな困難を抱えている家族にも見えますが、逆から見れば、大きな困難にも関わらず、バラバラにならない絆の強い家族とも見ることができました。

家族の中には、いたわりや、ねぎらいや、すまなさがいっぱいありました。

しかし、足りないものが一つだけ。

いたわりや、ねぎらいや、すまなさがいっぱいあったからこそ、見落とされていたのでしょう。

それは、「ありがとう」でした。

そう言われれば、いたわりは「よく頑張ったね」とか「無理しないでいいよ」

ねぎらいは「大変だったね」とか「辛かったね」

すまなさは、「悪いね」とか「ごめんね」

どこにも、「ありがとう」は入らないのですね。

私もこのことは、すっかり見落としていました。

そして、家族だからこそ、案外、「ありがとう」は言っていないのかもしれません。

大きな困難に対する支援は?と考えるとこちらも頭が痛くなりますが、
「”悪かったね”とか”ごめんね”の変わりに、”ありがとう”と言ってみたはどうでしょう」は、気軽に提案できそうです。

どんなに苦労しても、「ありがとう」があれば鬱にまではならないそうです。

恐るべし、「ありがとう」効果!

a:976 t:1 y:0



子ども支援に関わる方へ

15年間、保健室で実際に行ってみて、一番子どもたちの困っていることの役に立った支援方法(家族療法、システムズアプローチ)です。その方法の全てをご紹介します。
先生はじめ支援者の想いが、子どもが元気になるに繋がることを切に願ってます。

『不登校を長期化させない8つの方法』
〜明日から使えるノウハウ公開 600人の学校で全員が再登校できた方法とは?〜

※不登校となっておりますが、不登校だけでなく、集団不適応、いじめなど、様々な子どもの困難への支援方法です。

先生の保健室はこちらから

お母さんの保健室

保健室の先生(養護教諭)として、30年以上、保健室勤務をしてきました。
お母さんが元気になれば、子どもたちも元気になる
これは、その中で得た私の確信です。
お母さんの保健室がここにあります。ドアはいつでも開いています。どうぞ、気楽に来てみてください。
お母さんの保健室はこちらから

コメント


認証コード4753

コメントは管理者の承認後に表示されます。